売れない芸人の底辺ブログ

現役の売れない芸人がリアルな日々を綴ります。

MENU
ーおすすめ記事ー
【華やかさはゼロ!?これが売れない芸人の活動だ!】

僕のブログへの想い

どうも、底辺芸人です。

 

 

「ブログ」って世の中に数えきれないほどありますよね。

 

その中で続いているブログって、

 

本当に少ないな、と思います。

 

 

その全てに理由があるのだと思います。

 

続かないのも続けるのも理由がある

続けるのも辞めるのも、きっと理由があるはずです。

 

ブログだったら単純にアクセスが無いから、とか飽きてしまったとかですかね。

収益目的で始める人も多いと思うので思っていたより稼げないというのもあるのでしょう。

書くのが面倒になったとか仕事などが忙しくて時間がなくなったとかもあるでしょう。

 

 

 

これは「芸人」も同じで、どんなに報われていなくても辛くても、

 

続ける理由があります。

 

以前も話しましたが僕なんかは芸人を続けることで基本的に「失うもの」ばかりです。

 

まあ、基本的に「お金」の面ですが…。

それ以外にも細かいことを言い出したらキリがないくらいです。

 

こんな僕にも「芸人を続けている理由」があります。

 

その理由も未だに話していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ですが、まだ話しません。

 

長くなるので、またの機会に話します。

芸人と比べたらブログは失うものは少ない

以前と同じような話になりますがブログは失うものって、あんまり無いような気がするのです。

僕自身ブログを始めて浅いですし知識も無いので、まだ分かっていないだけかもしれませんが…。

 

基本的な初期費用で続けられますよね。

 

アクセス云々は一旦置いておいて、後は布団からでもトイレからでも更新できる訳です。

 

芸人だったら布団やトイレではネタを考えることくらいしかできません。

 

そのネタを交通費かけて劇場まで行ってエントリー料を払って舞台に立って時にスベって相方と揉めて夜遅くに帰ってきてバイトに向かう訳です。

 

「ブログ」という「劇場」に交通費払って向かい、相方と考えた「ブログ内容」という「ネタ」を披露します。「はてなブログ」だったら「スター」読んでも読まなくてもボタン一つで反応が分かります。

ブログを読んでいなくても「スター」が付くだけで嬉しい時もあります。

別に読んでなくても良いですし何なら反応が何もなくても良いです。

直接肌で感じるわけではありませんから。目の前に、客席にお客さんが座っている訳ではありませんから。

読まれなかったんだな、それだけです。

 

むしろ「芸人」の方では、それが当たり前でしたから。そんな日々を二年近く過ごしている訳ですから。

 

だからこそ、こうして読んで下さる方がいること。反応を下さる方がいることが何よりも嬉しいです。

 

 

 

勿論、ブログと芸人を全く同じように考えるのは違います。

 

それでも、僕からしたらブログって本当に良心的だと思いますよ。

 

どれだけ更新しても、更新料取られないですし、アクセス0でもたいした事ないですよ。

 

芸人としてお客さん数人の前でネタやって誰の表情も緩まないで数分間、空調の音だけ聞いて舞台を後にするよりは。

 

勿論ネタでスベるのは自分たちの責任ですが。

 

先ほども言いましたが、そんな状態でも続けられるのも理由があるからです。

 

 

僕が思うにブログを辞めていく人が多いのって副業としてやっている人が多いからだと思うのです。

 

基本的に仕事をしながら空き時間にブログを書きますよね。

 

言ってしまえば本業じゃないので辞めようと思えばすぐに辞められます。

 

芸人は殆どが本業として、それだけをやっているので辞めるにも勇気がいります。

 

 

僕は芸人しかやっていません。バイトもしていないですし芸人としての仕事もありません。

 

 

ブログで失うものは殆どありません。現段階だと得るものもありませんが。

 

 

 

正直ブログが続かないようなら芸人が続く訳ありません。

 

 

なので僕はブログを続けます。毎日書きたい分だけ書きます。

 

勿論、芸人だって続けます。

 

それだけです。

 

ありがとうございました。