売れない芸人の底辺ブログ

「売れない芸人」の世界を知っていますか?現役売れない芸人がリアルな日々を綴ります。

MENU

芸人としての「月収」0円とは

どうも、底辺芸人です。

 

今回お金の話をしようと思います。

 

何回か僕の去年の芸人としての年収が「250円」という話をしています。

 

 

これも何回か話しているのですが250円というのは貰った金額で、

 

 

手元に残った金額ではありません。

「月収」0円の裏側

たまにネットニュース等で売れない芸人の給料の記事とかありますよね。

 

 

 月収が数万円、みたいな。

 

 

少ないと思います?

 

僕からしたら、

 

 

 

0円でも全然マシな方なんですよ。

とにかく手元にお金が残らない

最初に話しましたが確かに僕は去年芸人として250円貰いました。

 

ライブで優勝して貰った500円を相方と半分にしたわけです。

 

ですが、僕は現段階だとライブに出るのにもエントリー料を払っているのが現状です。

 

2000円払ってライブに出て優勝して500円を貰って半分の250円が手元に残りました。

 

もう分かると思いますが、ライブに出た時点でエントリー料を払っているので250円程度では、どうにもならないのです。

 

ライブのエントリーだけで年間何万か払っているので正確に言えばマイナス何万です。

 

ちなみにライブのエントリーが全て2000円ではありません。もっと高いところも安いところもありますし、優勝したら何万円も貰えるライブもありますし、基本的には貰えないことの方が多いです。

 

僕らはたまたま「500円」だった訳です。

 

 

まあ、バイトの給料は20万だけど作業自体にお金がかかるから結局マイナス。

 

 

みたいな話ですね。

 売れない芸人には当たり前

それだけ見ると凄いブラックじゃないですか。ですが、芸人は普通にそれをやっているんですよね。

 

というか、それが当たり前になっているのですが…。

 

 

月収0円が、どこからの話なのか分かりませんが、

 

 

 

僕としてはマイナスになってなければ0円でも良いじゃないかと思ってしまいます。

 

何なら、それだけで体感的にはプラスですからね。

 プラスになることは基本的に無い

前も話しましたが僕は現状では毎月マイナスになるだけです。

 

まずは、このマイナスを0にすることからですし、0にしたら次はプラスにして、そこから食っていけるだけの生活費を稼がなくてはいけません。

 

これが、どれだけ厳しいことか…。

 

そもそも殆どの人が0にすらできないまま芸人を辞めていきます。

 

 

「月収」0円でも良く思える世界

本当に、僕はこういうことを伝えたくてブログを始めたのです。

 

芸人に限らず夢を追うのなら当たり前かもしれませんが、じゃあ仕方ないね。って終わりにするのは絶対に違います。

 

バンドマンとかもそうですよね。スタジオ借りてライブしてレコーディングして…。

 

こういうのって、もっと「発信」していくべきことだと思うのですが…。

 

まあ、僕の考えがおかしいんですかね。だから売れないしファンもいないんですかね。

 

 

 

だとしても、

 

 

届けたいのです。本当に。

 

「底辺芸人」として、このまま終わる訳にはいきません。

 

せめて何か変えてから終わりたいです。

 

 

そんな世界で舞台に立って「笑い」を取ろうとしている人が腐るほどいることを知って欲しいです。

 

そして、存在すら知られていくことなく芸人を辞めていく人がいることも…。

 

 

それだけです。

 

 

ありがとうございました。