売れない芸人の底辺ブログ

「売れない芸人」の世界を知っていますか?現役売れない芸人がリアルな日々を綴ります。

MENU

芸人ピラミッドの一番下にいる人達【底辺から…】


f:id:teihen_geinin:20191130211208j:image

どうも、底辺芸人です。

普段、僕はお笑い芸人として活動しています。

 

 

www.teihengeinin.com

 この記事でも話していますが、基本的に「消える」ことすら出来ない芸人が殆どです。

これは、芸人に限らず「夢を追う」人なら誰しも同じです。

 

言ってしまえば売れない人、陽の目を浴びない人は、

 

ピラミッドの一番下の「底辺」にいる訳です。

正に僕もその状態ですが…。

 

今回は、そんな芸人の「底辺」にいながら上を目指す人たちについて話したいと思います。

 底辺から

そもそも世の中の多くは「ピラミッド」になっていると思います。

会社や学校も必ず上下があります。

 

上がいれば下もいる。下がいるから上もいる。

 

そんな世界です。

 

上があるから這い上がろうと思えますし、上に行けば落ちたくない一心で頑張ります。

 

ですが、芸人含め「夢追い」の世界は上に上がる壁があまりにも高すぎるのです。

存在を認められることから始まる

まず芸人で考えましょう。

売れない芸人は数多くいます。そして毎日のように引退や解散もあります。

 

「〇〇という売れない芸人が引退!」という情報を聞いたとして、どう思いますか?

 

 

殆どの人が「誰…?」となるでしょう。

 

 

辞める芸人の多くは惜しまれることなくそのまま終わりです。

勿論、応援をして下さった方もいるでしょう。それでも終わってしまえば意味がありません。

 

芸人の世界や夢追いの世界ではこんなことがありふれています。

 

それは、その人の努力が足りなかったとかそういう問題ではありません。

頑張る意味

僕は今まで芸人をやってきて思うことがあります。

 

それは、

 

頑張ることが全てではないということです。

 

芸人なら誰しも「売れる」ということを夢見ます。

そして、その為に頑張ります。

 

ですが、芸人の世界は、

 

 

頑張ってどうにかなることはとても少ないです。

 

僕は今までの活動でそう思うようになりました。

 

芸人界に限らず「夢追い」の多くは周りの評価で物事が決まります。

 

客商売ですから当たり前ですよね。

 

つまり、

 

周りからの評価を貰うために頑張る。

 

と言っても良いでしょう。

自己評価と他己評価

www.teihengeinin.com

 

こちらの記事で前にも言いましたが、

 

どんなに面白いネタを持っていて、才能がある人でも周りからの評価が無ければ意味がありません。

 

 

それが何よりも辛いこと、そして挫折の原因だと僕は思っています。

 

どんなに自分で頑張ったと思っていても周りからの評価が付いて初めて「頑張った」ことになるのです。

 

 

言ってしまえば面白いネタや才能なんて関係ないと思います。

 

どんな形であっても周りからの評価が付けば「成功」

とまで僕は思います。

 

ネタや才能で勝負するのは、そこからでも遅くないと思います。

 

と言っても多くの人は、そこに辿り着くまでに芸人を辞めますが…。

 

 

だからこそ僕は芸人で売れようとは考えていません。

www.teihengeinin.com

 

周りからの評価を貰うためなら「芸人」以外の方が効率が良いと思ったからです。

 

少なくとも僕の場合。「ネタ」等の所謂「芸人」としての活動よりはですが。

評価の前に

そもそも「評価」とは何でしょうか?

 

売れない芸人は普段お金を払ってライブをします。

お客様の人数も多くありません。10人入れば良い方でしょう。

 

その中でも「評価」は付きます。10人程のお客様の前で、

「誰が面白かった。面白くなかった」「優勝」等の評価が付きます。

 

そして、それを積み上げていくことで知名度が上がり、もっと多くのお客様の前でもライブが出来るようになっていきます。

 

所謂「一般的な」芸人の売れ方。活動の仕方です。

 

ですが「評価」の前に大事なのは「知名度」です。

知名度の大切さ

例えば、普段10人の前でライブをしている売れない芸人。

 

これが普段から100人の前でライブが出来るようになったらどうでしょうか?

 

勿論、その中でも「評価」は付きます。

 

10人と100人。影響力や拡散力はどっちが上でしょうか。

 

もっと簡潔に言うのなら、

 

 

どっちの方が「知って」貰えますか?「ファン」を付けられますか?

 

芸人が売れるというシステムはあまりにも壁が高すぎます。

 

お金を払ってライブに出て数人の前でネタをして年に一回の賞レースに賭けて…。

芸人が売れるまでには当たり前とされることですが、

 

 

ここから地道に努力して人気になるって、あまりにも非現実的では無いでしょうか…?

 

知って貰う。知名度を上げる分母が少なすぎます。

 

知名度が上がらなければ評価すら付きません。

 

そして評価が付かなければ上にも行くことができません。

 

だからこそ知名度は大切です。

底辺にいるからこそ

芸人ではなくても、基本的にこのシステムは同じだと思います。

 

まず「知られること」から始まります。

 

そして、そんな世界も這い上がる厳しさも知られることはありません。

 

上で輝ける人はいます。ですが、その倍以上に辞めていく人はいます。

 

 

勿論「存在」すら知られることも無く…。

 

 

だからこそ僕は芸人としてですが、この世界を発信し続けます。

 

やり方は間違っているかもしれません。それでも自分自身が這い上がろうとしています。

 

芸人なのに芸人で売れようとしていないなんて、おかしいと思います。

 

それでも僕が底辺から上がるには、この方法しかないと思いました。

 

そして、このやり方で、どんな結末を迎えても「売れない芸人」という世界を変えられたら、知って貰えたら、と思っております。

 

それだけです。

 

ありがとうございました。